弁護士 辻野和一(大阪弁護士会所属) 遺言相続 交通事故 自己破産 刑事弁護 離婚 成年後見など夜間・土曜日・日曜日も相談可能
辻野和一法律事務所 お勤め帰りや土曜日も相談可能
HOME
弁護士紹介
弁護士相談の受付
ご相談の流れ
費用のご案内
お取扱い分野
アクセス
LINK
メールはこちらから
ご相談の流れ

@ご相談日時の予約

ご希望により、平日夜間や土曜、日曜の法律相談も承っております。 まずは、ご相談お申込みシートやお電話・FAXにて法律相談をお申込みください。


ご相談は、こちらをクリック!


先約スケジュール等を調整のうえで、当法律事務所からお電話し相談日時の予約を決めさせていただきます。


A法律相談

ご予約の日時に来所いただき、相談内容を伺います。相談内容に関連があると思われる資料等がありましたらご持参ください。
法律の専門家として、どのように問題解決すればよいか方針アドバイスや適切な手続きなどのご案内をさせていただきます。


B委任契約書の締結 (正式な事件処理のご依頼と受任)

法律相談をなさっても、弁護士に問題解決のための事件処理を委任なさるかどうかは、まったく相談者のご自由です。
ご相談の結果、事件解決の進めかたや費用などについて合意ができ、当法律事務所へ正式に事件処理を委任いただく事になりましたら、ここで委任契約を交わします。 また、委任状にもご署名ご捺印を頂きます。 このため、本人確認資料(運転免許証など)と印鑑をご持参いただく必要がございます。

※着手金は、ご契約(正式ご依頼)の際に頂いております。



事件の内容によって、示談、訴訟、調停、審判、保全などの手段を駆使し、常に依頼者の方と打合せしながら進めていきます。
弁護士は事件の当事者としての記憶も経験も資料もまったく持ちませんので、依頼者の方と十分にコミュニケーションして事件処理にあたります。
弁護士に任せ切りでは、納得のいく解決は望めません。依頼者の方と弁護士との充分な意思疎通が、納得のいく解決の秘訣です。




事件内容によって、判決だけでなく、示談や調停、裁判上の和解などがあり解決結果は異なります。
解決いたしました後、成功の度合いに応じて、上記Bで締結しました委任契約書に決めておいた報酬金、手数料等をお支払いいただくことになります。




(C) 2010 TSUJINO LOW OFFICE, All rights reserved.